無料ウェビナー開催中 詳しくはこちら

お知らせ

自社キーワード分析の表示件数が10,000件表示できるようになりました。

2021年02月08日

<今回のリリースによりアップデートされる機能>

・自社キーワード分析
1:Google Search Consoleの1ヶ月分のKWDデータをすべて「SEARCH WRITE」にて確認できるようになりました

これまで、「流入数の上位1,000件」を画面上に表示しておりましたが、今回、1ページに最大10,000件のデータを表示できる形へアップデート致しました。データに関しては、「IMP」データの上位10,000件をデフォルトで表示しておりますが、「平均順位」「月間検索数」「CTR」といった各指標別の上位を選択すること(昇降順)も可能になっております。
10,001件以降のデータを表示したい場合は、ページ送りにてご確認いただけるようになっております。

2:一部のUIを変更いたしております。(絞り込み機能をバブルチャートの右サイドに移行しました)

表示されるデータ量が大量になったことにより一部のUI画面をよりシンプルに表示する変更を行いました。
これまで表示しておりました「表示数の合計」といったエリアと「AIによる改善リスト」は画面上から削除しております。
絞り込み機能は折りたたむことが可能で、従来通りバブルチャートの大きさを保ったままご利用いただけます
※改善提案キーワードは自社キーワード分析では表示されなくなりました。AI提案改善リストにてご確認ください。

【リリース詳細】

お問い合わせ・サポート窓口

  • 導入について、問い合わせる

    経験豊富なSEOコンサルタントがご案内させていただきます。

  • 機能・操作・トラブルについて、問い合わせる

    機能についての質問やうまく動作しないといった窓口はこちらからお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

ここにある情報では解決できない場合、フォームにてお問い合わせを承っております。

お問い合わせ