無料ウェビナー開催中 詳しくはこちら

機能紹介

SEOの成果を最大化させる
「SEARCH WRITE」の機能紹介です。
SEO対策のワークフローに沿った機能で、
誰でも手軽に効果の出る対策を行えます。
さらに詳しい機能は資料を無料で
ダウンロードしてご確認ください。

施策を考える

“伸び幅の大きい”
キーワードを発見

あとひと押しで成果に貢献できそうな「ポテンシャルキーワード」やCVに貢献しているキーワードを発見しましょう。バブルチャートを活用することで一目で対策すべきキーワードと施策が見つかります。

SEOの課題点をチェック

SEOでGoogleがチェックしている項目数は200を超えると言われています。その中でも自動でチェックできるものはツールにお任せしましょう。SEARCH WRITEでは自動で内部構造の問題を発見し、修正点をご提案します。

コンテンツを制作する

記事コンテンツに
必要な内容を精査

競合コンテンツのタイトル・ディスクリプション・hタグを抽出し、⼀覧でご確認いただけます。競合コンテンツの構成を把握し、上位表示に必要な内容、競合にない⾃社の独⾃性をご検討いただく際にご活⽤いただけます。

上位競合の
コンテンツ要素を比較

SERPs上位10コンテンツから作成すべきコンテンツボリュームを判断することができます。また⾃社ドメインと競合ドメインの「サイトインデックス数」「キーワードインデックス数」を⽐較することで、サイトポテンシャル的に上位表⽰しやすいか否かを検討できます。

施策を管理する

行う施策はタスクで管理

SEARCH WRITEではタスク管理機能も備えております。施策をタスクで管理し、同時に施策内容をストックしましょう。
どのような施策を行い、それが成果に結びついているのかを分析することが重要です。

成果を測る

サイト全体の動向を把握

セッション数、ユーザー数、新規訪問率、コンバージョン数など、サイト運⽤上の主要KPIをダッシュボード化。予定通りに進捗しているのかを常に把握しておきましょう。

検索順位の推移を計測

施策を行った結果、順位はどのように推移していったのかを定点観測することができます。タスク機能と同時に使用することで、いつどのような施策を行った結果、順位がどのように変動したのかを把握することができます。

無料デモを試す